AY2013 グローバル化時代にデモクラシーを再生できるか?

過去のシンポジウム>2013年度
 

グローバル化時代に
デモクラシーを再生できるか?
– 代議制の危機を超えて –

 
開催日時
2014年1月18日(土)10:00 – 17:45
開催場所
上智大学 2 号館 17 階 国際会議室
主催
グローバル・コンサーン研究所 (IGC – 上智大学)
共催
社会科学研究所(SSRI – ICU)
 

開会の挨拶・シンポジウムのテーマ説明

幡谷則子(上智大学)
 

基調講演

(社会)民主主義の問題について:ヨーロッパからのひとつの視点

– コリン・クラウチ(ウォーリック大学)
 

 

サイレンスト・マジョリティ(物言えぬ多数派):
蜂起と占拠と抵抗、そして希望

– エイミー・グッドマン(デモクラシー・ナウ!ジャーナリスト)
 

 
討論者:中野晃一(IGC所長)
 

パネル・ディスカッション I

ポスト・デモクラシーとプレ・デモクラシーの奇妙な結合
– 山口二郎(北海道大学)
 

 
声を取り戻す:社会運動による独立系メディアの確立
– 松元ちえ(ジャーナリスト、レイバーネット TV)
 

 
路上の声を聞く
– 木村正人(高千穂大学、のじれん)
 

 
討論者:コリン・クラウチ(ウォーリック大学)
 

 
討論者:エイミー・グッドマン(デモクラシー・ナウ!ジャーナリスト)
 

 
司会 :三浦まり (上智大学)

共同の祈り

北中晶子(ICU)
ホアン・アイダル(上智大学)
 

パネル・ディスカッション II

コリン・クラウチ(ウォーリック大学)
エイミー・グッドマン(デモクラシー・ナウ!ジャーナリスト)
山口二郎(北海道大学)
松元ちえ(ジャーナリスト、レイバーネット TV)
木村正人(高千穂大学、のじれん)
 

 
司会 :三浦まり (上智大学)

閉会の挨拶

ジョージアンドレア・シャーニー(SSRI所長)