AY2011 教育は社会を再生する力をはぐくむか

過去のシンポジウム>2011年度
 

教育は社会を再生する力をはぐくむか
グローバル化のなかの大学を考える

 
開催日時
2011年12月10日(土)10:00 – 17:45
開催場所
上智大学 2 号館 17 階 国際会議室
主催
グローバル・コンサーン研究所 (IGC – 上智大学)
共催
社会科学研究所(SSRI – ICU)
 

開会の挨拶

山岡三治(上智学院総務担当理事)
 

オリエンテーション

中野晃一(IGC所長)
 

基調講演

正義と共感に基づいた持続可能な世界のための教育

– マーク・レイパー(イエズス会アジアパジフィック協議会会長)

大学の社会的責任

– フランシスコ・デ・ルー(イエズス会コロンビア管区管区長)
 
討論者:幡谷則子(上智大学)
司会:マーク・ランガガー(ICU)
 

パネル・ディスカッション I

「個人的なもの」から「社会的なもの」へ:私たちは学生をその高みに押し上げる
– 筒井美紀(法政大学)
 
国家を迂回して:カンボジアの少数民族の教育機会均等のためのNGOと大学のグローバル・パートナーシップ
– ウォルター・ドーソン(ICU)
 
NGO活動・市民運動そして大学―温かい心を大学に―
– 村井吉敬(上智大学)
 
討論者:マーク・レイパー(イエズス会アジアパジフィック協議会会長)
討論者:フランシスコ・デ・ルー(イエズス会コロンビア管区管区長)
司会 :福武慎太郎 (上智大学)

共同の祈り

ポール・ジョンソン(ICU)
ホアン・アイダル(上智大学)
 

パネル・ディスカッション II

閉会の挨拶

ヴィルヘルム・フォッセ(SSRI所長)