AY2009 グローバル化に対抗する運動

過去のシンポジウム>2009年度
 

グローバル化に対抗する運動ともう一つの世界の可能性:いかに繋がり、いかに変えるか?

 
開催日時
2009年11月29日(日)10:00 – 17:45
開催場所
上智大学 中央図書館L-911
主催
上智大学社会正義研究所
共催
社会科学研究所(SSRI – ICU)
 

開会の挨拶

中野晃一(IGC所長代行)
石澤義明(上智大学学長)
 

オリエンテーション

中野晃一(IGC所長代行)
 

グローバル化に対抗する運動ともう一つの世界の可能性

グローバリゼーションと社会運動

– クリストフ・アギトン(AC!、失業に反対するヨーロッパ行進、ATTAC、WSF等)

世界社会フォーラム:「もう一つの世界」に向かって新自由主義とたたかうための連合をつくるプロセスとして

– シコ・ウィッタケル(ブラジル正義と平和委員会代表、ブラジル司教評議会)
 
討論者:幡谷則子(上智大学)
司会:本郷好和(ICU)
 

日本における対抗運動

世界社会フォーラムとATTACジャパンの挑戦
– 秋本陽子(ATTACジャパン(首都圏)運営委員)
 
日本における『反貧困運動』の可能性:反貧困ネットワーク、首都圏青年ユニオンの活動から考える
– 河添誠(首都圏青年ユニオン書記長/反貧困ネットワーク事務局メンバー)
 
高円寺「素人の乱」の取り組みから:
マヌケな奴らが集まる高円寺に革命後の世界を見た!

– 松本哉(素人の乱)
 
討論者:クリストフ・アギトン(AC!、失業に反対するヨーロッパ行進、ATTAC、WSF等)
討論者:シコ・ウィッタケル(ブラジル正義と平和委員会代表、ブラジル司教評議会)
司会:中野晃一(IGC所長代行)

共同の祈り

北原葉子(ICU)
ホアン・アイダル(上智大学)
 

いかに連携し、人の尊厳を大切にする社会を築くのか

司会:中野晃一(IGC所長代行)

閉会の挨拶

ヴィルヘルム・フォッセ(SSRI所長)