AY2008 平和・安全・共生の理論と政策提言に向けて

過去のシンポジウム>2008年度

「平和・安全・共生」の理論と
政策提言にむけて


IAY2008 Poster
開催日時
2008年12月13日(土) 10:00 – 18:00
開催場所
国際基督教大学 本部棟206室
主催
社会科学研究所(SSRI – ICU)
共催
旧社会正義研究所(ISSJ – 上智大学)
 
プログラムのダウンロードはこちら
成果出版物についてはこちら

開会の辞

鈴木典比古(ICU学長)
ヴィルヘルム・フォッセ(SSRI所長)
 
img_0242img_02305img_02373
 

基調講演I

平和・安全・共生の相互関係

– 村上 陽一郎 (国際基督教大学COE客員教授)
 
司会: 宮崎修行(ICU教授)
 
img_02551img_02501

現代の平和理論と運動

平和構築:理論と実践
– 高橋 一生(国連大学客員教授、前ICU教授)
 
トランスナショナルな平和文化と平和運動
– T. V. リード(ワシントン州立大学教授)
 
討論者: ジュヌヴィエーヴ・スイヤック(ICU上級准教授)
司会: 千葉 眞(ICU教授)
 
img_02641img_02662img_02771img_02811img_02891img_02901

基調講演II

共生と創造的破壊

– グレゴリー・フックス(ワシントン州立大学教授)
 
司会: 木部尚志(ICU上級准教授)
 
img_03011img_03071img_03131

現代の安全保障をめぐって

ピケテロス運動と人間の安全保障:アルゼンチンの場合
– ホアン・アイダル(上智大学准教授)
 
変容する安全保障状況への日本の対応:国内の議論と国際社会の要請との狭間で
– ヴィルヘルム・フォッセ (SSRI所長・上級准教授)
 
討論者: テマリオ・リヴェラ(ICU教授)
司会: 毛利勝彦(ICU教授)
 
img_03291img_03212img_03441

共生の理論と政策:東アジアの文脈

共生と Conviviality:日本の政策提言・対話の可能性
– 千葉杲弘(ICU教育研究所顧問)
 
日本の諸隣国との領土海洋紛争の改善にむけて:国際法はどれだけ寄与できるのか
– トマス・J・ショーエンバウム(ICU大学院教授)
 
討論者: 川村のり子(ワシントン州立大学准教授)
      ソーポン・ポー(上智大学教授)
司会: 保岡孝顕(上智大学社会正義研究所担当主事)
 
img_03512img_03531img_03861img_04071
 

共同の祈り

ホアン・アイダル司祭(上智大学准教授)
永田 竹司牧師(国際基督教大学教授)

閉会の辞

金山 勉(上智大学社会正義研究所所長代行・教授)